鼻腔内腫瘍
1/29の日記で「ミギの鼻水が良くなってきました」と書いた後、
ミギの具合は一転、悪くなる一方で、鼻水が増え、夜も昼も呼吸がつまってしまい、
ほとんど眠れない日々が続き、
散歩に行っても、すぐに呼吸がつまってしまい、
遊水池のお友達にも心配をかけてしまいました。
もしかしたら、ミギの様子から、
なんとなく気付いていたお友達もいたかもしれませんが・・・

実は、いろいろな検査の結果、
ライト(ミギ)の鼻腔内に腫瘍があることがわかりました。

これまでの経過は下記の通りです。
------------------------------------------------------------------
■2/2(金)
ライトの具合が悪化、不安になり、心臓病をかかえるミギに麻酔をかけるのが心配で、
全身麻酔なしでレントゲンを撮ってもらえるAWセンターを受診。
●レントゲンにて右鼻腔内に影が写り、至急、大学病院の受診を勧められる。
b0093691_15402138.jpg

N動物病院で大学病院の予約を頼むが、一ヶ月半も先とのこと、
大学の先生のアドバイスで、
とりあえず至急CTを、ということで専門の検査センターに予約を入れてもらう。
------------------------------------------------------------------
■2/4(日)
検査センター「キャミック」にて、
●CT撮影(全身麻酔)
b0093691_15412299.jpg

鼻の中は腫瘍らしきものと膿の様なものでいっぱいでした。

●右鼻腔内に腫瘍及び強い炎症の可能性、
●鼻腔内及び前頭骨の骨を溶かし、左鼻腔及び、脳内への浸潤。

やはり鼻腔内腺癌の可能性が高く、CTの結果、大学病院の予約を少し早くしてもらえることができた。それでも2/27(火)、3週間以上も先。
------------------------------------------------------------------
■2/13(火)
大学病院へ行くのを待つ間、病名が確定しないと何も治療を受けられないということで細胞診を受ける。
●細胞診(全身麻酔)。
鼻血を出して横になるライトを見て涙・・・・
------------------------------------------------------------------
■2/21(水)
細胞診の結果は『過形成』。いわゆるポリープ。
これでは診断がつかないという。治療もなし。
------------------------------------------------------------------
■2/27(火)
日本獣医生命科学大 動物医療センター 受診
やはり腺癌の可能性大。
手術及び、放射線治療、麻酔に向けて、心臓病の検査
●レントゲン●エコー●心電図。
------------------------------------------------------------------
■3/5(月)
動物医療センター 受診
●MRI●CT●胸部レントゲン(全身麻酔)
b0093691_1542142.jpg

鼻腔内に丸状の腫瘍、脳への浸潤。
3D画像を見ると、顔面の骨、前頭骨も融解され、あちこちが薄くなってしまっていた。

しかし、腺癌にしては周囲の破壊の度合いが緩慢。
真菌性の腫瘍の可能性が強くなってきました。

本当はこのMRIの結果を見て、すぐに開頭手術を受けるはずでした。
が、手術は3月後半に変更。
しかも、「治療ではなく検査手術です。」といわれました。
「検査?」
「はい検査です。」
「??腫瘍は取ってくれないんですか?」
「・・・・・」
「腫瘍を早く取ってもらわないと息ができないんですが」
「今はそうでもないですよね」
「?????」
ちぐはぐな会話。この時は何度聞いても意味がわかりませんでした、
前回はあれほど早期の手術をすすめてたのに・・・?
後日、別の先生からの電話で、
脳の奥深くまで腫瘍が入り込んでいるため感染の可能性が高く、
腫瘍を取ることが出来ないことがわかりました。
------------------------------------------------------------------

これだけの時間をかけ検査をしてもまだ病名が確定出来ません。治療も出来ません。

そうこうしてるうちに、
なんとライトちゃん、自力で鼻水も止め(?)ただいま体調良好!
元気元気なんです。
う〜〜〜む・・・もしかして治っちゃった??? 
なんて思っちゃったりして・・・(そんなわけないが)

ということで、
ライトの体調が落ち着いてる今のうちにカミングアウトすることにしました。

ライト、がんばって病気と闘ってます。
今までも、てんかん&心臓病とも上手につきあってきました。
だから今度も大丈夫だって信じることにします。
お家では眠ってることが多くなってしまったけれど
お散歩も毎日元気に行っています。
この変わらない毎日が少しでも長く続きますように。

どうかお友達の皆様、いままでと変わらず仲良くしてあげてくださいませ。
[PR]
by migimama2 | 2007-03-17 00:32 | 鼻腔内腫瘍